カテゴリー別アーカイブ: 近世史の会

受贈抜刷類2018.11.15

この秋いただいた論文抜刷類を下記にご紹介します。

清水香「擦文・アイヌ文化期の出土木製品における移入品について」『北海道考古学』第51輯、2015.3
清水香「大聖寺藩上屋敷跡 廃棄土坑SK3から出土した17世紀の木製品」『東京大学埋蔵文化財調査室発掘調査報告書13 東京大学本郷構内の遺跡 医学部附属病院入院棟A地点 研究編』、2016.12
清水香「江戸遺跡から出土した緑色系漆椀の基礎研究」『東京大学構内遺跡調査研究年報10 紀要編 東京大学埋蔵文化財調査室研究紀要10』、2017.8
清水香「漆椀の総合的研究の実践―地域研究としての挑戦―」『江戸遺跡研究』第5号、2018.3

清水香さんはこの8月に新潟大学人文学部に助教として赴任されました。専門は近世考古学、とりわけアイヌにもたらされたものを含む塗物類をターゲットにしており、文献による近世流通史の立場からも大変に勉強になります。今後とも勉強させていただきたいと思っています。

朴澤直秀「新地建立禁令をめぐって」『佛教史學研究』第60巻第1号、2017.11

10月に行われた「近世史の会」の席上朴澤氏よりいただきました。新寺・新地建立の禁止といわれている幕府政策の現実の展開を論じたものです。

小関悠一郞「【講演録】佐倉藩政改革とその思想―佐倉藩士向藤左衛門と上杉鷹山の改革―」『佐倉市史研究』第28号、2015.3
小関悠一郞「江戸時代の政治と武士の学び」『歴史評論』813号、2018.1
小関悠一郞「地域史料保存利用と資料ネット―千葉歴史・自然資料ネットワークの活動を通して―」『日本歴史学協会年報』第33号、2018

おなじ「近世史の会」の席上小関氏よりいただきました。なおこの日の会の報告は、『日本歴史』最新号(846号)の「江戸時代の「富国強兵」論と「民利」の思想」の内容に関わるものでした。気鋭の政治思想史研究者としての氏の視線が、資料ネットなどで地域の歴史と向き合う眼差しとも無縁ではないことがうかがえるのではないでしょうか。

みなさま、ありがとうございました。

第2回「近世史の会」案内

第2回近世史の会を下記の通り開催します

日 時:2013年9月7日(土)13時~18時(予定)
会 場:立教大学豊島キャンパス 太刀川記念館3階多目的ホール
    (〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1)
内容:
研究報告 安田千恵美さん(立教大学DC)「女書に見られる書肆の出板活動・出板認識」
書評  志村洋さん(関西学院大学)「『身分的周縁と地域社会』(2013、山川 出版社)を読んで」
研究動向 三田智子さん(大阪市立大学都市研究プラザ)「畿内の身分制研究をめぐって」

茶菓の準備がございますので、出欠を事前に事務局 (kinseisi-owner@yahoogroups.jp)までお知らせください。(SPAM対策のためアットマークを全角にしていますので半角に変えてください)

第1回「近世史の会」に参加して来ました

去る5月6日(月)、立教大学で開催された第1回「近世史の会」に参加して来ました。報告タイトルは下記の通り。いずれも大変に力のこもったもので、いろいろな意味でおおいに勉強になりました。

小堀槙子「草梁倭館における日朝の相克―朝鮮人打擲事件を中心として」
久留島浩「森下徹『武士という身分―城下町萩の大名家臣団―』を読んで」
町田哲「地域史研究からみた近世の山村」

なお、次回は9月7日(土)に東京で開催される予定です

「近世史の会」の発足について

このたび下記の研究会を発足させることとなりましたのでご案内いたします。

░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░

「近世史の会」のご案内

 いつのまにか桜の季節も過ぎ、爽やかな新緑のころとなりました。みなさまお変わりございませんでしょうか。
 さて、このたび下記の要領であらたに研究会を発足させることになりました。
 近世社会論をめぐっては、さまざまな議論が学界をにぎわせています。そうしたなかで、21世紀の近世史研究ひいては歴史学がどういった方向をめざすべきなのか。世代を越えた厳しくも温かい交流の場として育んでゆきたいと思います。 周りの方にもお声かけいただき、よろしくご参集くださいますようお願いいたします。

「近世史の会」運営委員会

░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░░

「近世史の会」第1回例会

日時:5月6日(月)13:00~17:00

場所:立教大学・太刀川記念館3F多目的ホール

報告:①小堀槇子氏(東京外大・院)「草梁倭館における日朝の相克―朝鮮人打擲事件を中心として」
 ②久留島浩氏(国立歴史民俗博物館)「書評:森下 徹『武士という身分』」
 ③町田 哲氏(鳴門教育大学)「近年の近世史研究をめぐって(仮題)」

参加費:500円

連絡先:山口市吉田1677-1 山口大学教育学部 森下 徹
Phone/083-933-5331 morisita@yamaguchi-u.ac.jp
(SPAM対策のためアットマークを全角にしていますので半角に替えて送信してください)