カテゴリー別アーカイブ: 受贈

受贈図書2013.8.2

竹田和夫さんから下記図書をご恵贈いただきました。ありがとうございました。

竹田和夫編『歴史のなかの金・銀・銅 鉱山文化の所産』2013年7月刊、勉誠出版

内容目次
竹田和夫「はじめに」
Ⅰ 金・銀・銅をめぐる文化交流史
 八重樫忠郎「武士を育んだ奥州の金」
 飯沼賢司「鉛を食らう「銀の島」―日本の大航海時代の真相」
 岸本美緒「銀のゆくえ―近世の広域的銀流通と中国」
 八百啓介「江戸時代の出島オランダ商館における小判輸出」
 島田竜登「海域アジアにおける日本銅とオランダ東インド会社」
 竹田和夫「佐渡の鉱山知とネットワーク形成―揚水と和算・振矩術」

Ⅱ 日本の鉱山と地域社会―生産・信仰・暮らし
 池田善文「長登銅山と古代社会」
 仲野義文「石見銀山の文化とその基層」
 萩原三雄「中近世の金山と社会・文化」
 原田洋一郎「鉱山とその周辺における地域変容」
 渡部浩二「鉱山絵巻から見る佐渡金銀山」
 齋藤昭「草倉銅山鉱夫の労働態様について」
 鈴木秋彦「鮑食禁忌伝承の変容―鉱物資源生産から俵物生産への転換のなかで」

Ⅲ 日本・アジア・ヨーロッパの鉱山文化―技術・環境・民俗
 黒野弘靖「佐渡の鉱山文化―建築と町並み」
 上田信「中国雲南の鉱山文化―銅都・東川への旅」
 竹田和夫「中世ヨーロッパの鉱山経営・技術革新・宗教」

受贈図書2013.7.10

新発田藩研究会の席上、長岡市立中央図書館文書資料室の田中洋史さんより、下記書籍をご恵贈いただきました。

長岡市立中央図書館文書資料室編『長岡市公会堂 文化の殿堂がみた昭和の長岡(長岡市史双書No.52)』(長岡市立中央図書館文書資料室、2013年3月)

また別の日になりますが、著者のおひとりである新潟大学橋本博文さんから、下記書籍をご恵贈いただきました。

佐渡市・新潟県教育委員会編『佐渡金銀山絵巻 ―絵巻が語る鉱山史―』(同成社、2013年3月)

大変にありがとうございました。

受贈図書等2013.6.19

九州産業大学の福田千鶴さんより、下記ご著書等をご恵贈いただきました。大変にありがとうございました。

福田千鶴『徳川秀忠 江が支えた二代目将軍』新人物往来社、2011年2月

福田千鶴(研究代表者)『日本近世武家社会における奥向構造に関する基礎的研究』(平成21年度~23年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書)2013年3月

受贈図書2013.5.29

川勝守さんから下記書籍をご恵贈いただきました。川勝守さんは残念ながら若くして亡くなったこの書籍の著者川勝守生さんのお父様です。ご子息の遺した仕事を書籍の形で次々とまとめて刊行されており、そのたびにご恵贈にあずかっています。私もなにがしかの形で故川勝守生さんの遺志に報いることができればと考えています。ありがとうございました。

川勝守生『近世日本石灰史料研究Ⅵ』岩田書院、2013年5月

受贈論文等2013.5.26

歴史学研究会大会でお目にかかった方々より、下記論文抜刷等をご恵贈いただきました。大変にありがとうございました。

木場貴俊「林羅山によるかみの名物―『多識編』をもとに―」国際日本文化研究センター『日本研究』47、2013年3月(表題「かみ」に傍点付)

冨善一敏「矢田貝家文書平成24年度調査概報 第二次・第三次調査」『東京大学経済学部資料室年報』3、2013年3月

青柳周一「菅浦村の寛保三年争論関連史料」『滋賀大学経済学部附属史料館研究紀要』46、2013年3月

青柳周一「第三章第四節 街道と宿駅」『近江日野の歴史』第三巻近世編、2013年3月

青柳周一「日野商人・中井源左衛門光基の旅日記について―東北地方での商業活動と地震の記録」『彦根論叢』395号、2013年3月

後藤雅知「林産物の生産と輸送―近世房総の養老川水運を例に」立教大学史学会『史苑』73巻2号(通巻189号)、2013年3月

受贈論文等2013.5.18

5/18に開催された科研研究集会の席上で、参加者の浅倉有子さん、原田和彦さんより下記の論文抜刷等をご恵贈いただきました。大変にありがとうございました。

浅倉有子「解題・解説 溝口家の近世・近代の文書・絵図目録」朝倉治彦監修、岩本篤志・浅倉有子編『書誌書目シリーズ102 新発田藩溝口家書目集成 第四巻』ゆまに書房、2013年4月

浅倉有子(研究代表者)『近世・近代における大名・華族家資料群に関する基礎的研究―榊原家を中心に―』(平成22年度〜平成24年度科学研究費補助金基盤研究(C)研究成果報告書)2013年3月

浅倉有子(研究代表者)『市川家旧蔵書目録』(平成23年度〜平成24年度上越教育大学プロジェクト研究費「戦前・戦中・戦後の高田における知の系譜と教育界―市川氏旧蔵書を素材にして―」)2013年3月

原田和彦「善光寺地震における松代城下の被害」『災害・復興と資料』2号、2013年3月

原田和彦「松代藩における地方支配と文書の管理」『信濃』65巻5号(通巻760号)、2013年5月

受贈図書2013.5.8

芳井研一さんから下記のご編著をご恵贈いただきました。ありがとうございました。

芳井研一編『南満州鉄道沿線の社会変容』(新潟大学人文学部研究叢書9)知泉書館、2013年3月刊
 収載論文
 芳井研一「序章」
 芳井研一「「満蒙」問題の現出と洮索・索温線沿線の社会変容」
 曲暁範「瀋陽・吉林線の敷設と東部地域の都市化」
 井村哲郎「満鉄の北鮮港湾建設と経営」
 武向平「長春市の都市形成」
 殷志強「奉天市内の交通整備問題」
 宋芳芳「大連華人の社会的生活基盤―大連の華商公議会を中心に」
 陳祥「「満州国」統制経済下の農村闇市場問題」
 芳井研一「「満州国」期の労働力強制動員―関東憲兵隊文書に見る」