カテゴリー別アーカイブ: 越佐近世史

田嶋悠佑「織豊大名領国と大身家臣―越後堀領国を事例として―」その他

11月4日に開催された新潟史学会の会場において、『地方史研究』393号(2018年6月)に掲載された標記論文抜刷を、著者の田嶋氏よりご恵与いただきました。ありがとうございます。

同論文は、戦国大名由来の大名権力が近世初期にかけて独立性の高い家臣の存在に苦しめられたのに比して、より堅固であったと思われていた織豊取立大名の権力構造について、決してそれは自明でないことを越後堀氏を事例として明らかにしたものです。

堀氏は急速な「出世」のため多様な家臣団を抱えることとなり、その家臣団の統合は不完全・不安定であり、大身家臣に秀吉政権が直接知行を安堵するなど、直轄地以外の支配に権限が及ばず分権的だったこと、一方慶長5(1600)年の対上杉戦争などを契機として、徳川政権との交渉を背景としてこうした不安定性の排除に向かっていくこと、などを論じています。とりわけ家臣統制をめぐる、統一政権との関係のあり方が、豊臣氏と徳川氏で一変していることが注目されます。

田嶋氏は堀氏を中心とした研究を近年精力的に発表してこられており、その最新のものは上記新潟史学会大会時に会員に配布された『新潟史学』最新号に掲載された下記の論考です

田嶋悠佑「資料紹介 山川登美子記念館所蔵山川家家譜所収文書」(『新潟史学』77号、2018年10月

本論考は資料紹介と銘打っていますが、研究ノートとも言うべき興味深い論点を含むものです。山川家は元来堀秀治・堀直寄に仕え、また村上堀家断絶後小浜酒井家に再仕官して明治維新に至る家ですが、その伝える家譜に、越後時代の史料が多数引用されていることを紹介したものです。いわば二次史料ですが、他の確実な史料と比べても妥当なものが多く、利用価値は十分にあると思われます。また、山川氏は新潟大学図書館にその原本が伝わる堀主膳家とならんで堀直寄のもとで家老と言うべき存在であったにもかかわらず、家譜ではそうした行政的な地位はうかがえず、専ら武功が強調されること、大名家として存続した他の堀一族が作成し幕府作成の家譜等で共有されたいわば堀家の「正史」とは異なる独自の資料を参照し作成されたと思われることなど、この家譜が持つ特徴が指摘されていることは、極めて注目されます。本論考が資料紹介を越えて研究ノートと言いうるものだと述べたのはそのためです。

ちなみに田嶋氏も注目された二代目堀監物の実名の問題に『上越市史』の史料解説で触れたのは私ですが、そのときには既に中沢肇氏らが論じていたことに視野が及んでいませんでした。自分の至らなさを恥じる次第です。

田嶋氏は『新潟史学』において近年もう一つの資料紹介をしています。

田嶋悠佑「資料紹介 北方文化博物館所蔵長尾右門文書」(『新潟史学』75号、2017年11月)

これは北方文化博物館所蔵の五十嵐文庫中に所収される長尾右門文書の紹介です。長尾右門家は村上藩内藤家の家臣家ですが、近世初頭に上杉景勝・最上義光・堀直寄に仕えたことがあると伝えています。田嶋氏は、その原文書および周辺文書から、いわゆる家伝の事実をある程度修正する必要もあることも指摘しています。

田嶋氏はこれ以外にも越後堀氏を中心に複数の論考を発表しています。本サイトでも機会があればまた取りあげたいと思います。

『災害・復興と資料』第10号、『佐渡・越後文化交流史研究』第18号の刊行

年度末に刊行された下記のふたつの雑誌に、拙稿が掲載されましたので紹介いたします。

『災害・復興と資料』第10号、2018.3.28 新潟大学災害・復興科学研究所社会安全システム研究部門

 片桐明彦「明応関東地震と年代記―『鎌倉大日記』と勝山記』―」
 原 直史「新潟町における天保4年庄内沖地震津波の被害と情報」
 堀 健彦・小野映介「1833年庄内沖地震による輪島の津波被害の地域的差異と微地形」
 齋藤瑞穂・山岸洋一・竹之内耕・パレオ・ラボANS年代測定グループ「長野県北安曇郡小谷村北小谷下寺試掘調査報告―正徳4年(1714)信濃小谷地震の考古学的研究―」
 小野映介・佐藤善輝「1498年明応東海地震による安濃津の被災状況の解明に向けた基礎的地質資料」
 西尾和美「文禄五年閏七月地震とその被害」
 矢田俊文「史料から見た一七一〇伯耆・美作地震と一七一一伯耆・美作地震」
 原田和彦「新潟市新津図書館の善光寺地震史料について」

『佐渡・越後文化交流史研究』第18号、2018.3 新潟大学大学院現代社会文化研究科・新潟大学人文学部プロジェクト佐渡・越後の文化交流史研究

 芳井研一「八海自由大学と地域文化水脈」
 中澤資裕「郷土芸能「うしろ面」の系譜と由緒」
 堀 健彦「新潟町の変遷の語りを読み解く―東北大学附属図書館所蔵『越後国往古絵図』に注目して」
 横木 剛・原 直史「史料紹介 東京大学史料編纂所架蔵『鈴木文書』について」

前者は新潟市新津図書館所蔵の小泉蒼軒関係資料中の絵図を分析した成果、後者は博士後期課程在籍中の横木氏とともに新潟町の廻船問屋小川屋鈴木家の文書を読み解いた成果です。

みなとまち新潟の社会史

また1年放置してしまいました。まことに申し訳ない限りです。

今回は去る3月に私も執筆に加わって刊行した書籍の紹介をさせていただきます。

みなとまち新潟の社会史表紙

この書籍は、新潟都市圏大学連合(新潟市周辺の公立・私立大学の連合)と新潟大学とが共同で企画したもので、大学での地域学修の教材になりうるものというコンセプトで編集されたものです。このうち私は第2講「日本海域の流通と新潟湊」、第3講「近世新潟湊の人びとと文化」、およびコラム「下条船にみる川舟の世界」、コラム「新潟明和騒動と義民顕彰」を執筆させていただきました。私の執筆部分はともかく、古代から現代までのみなとまち新潟を見通す魅力ある一冊に仕上がっていると思います。是非ご覧いただきご意見等いただけましたら幸いです。

なお大変にお恥ずかしい次第ですが、私の執筆部分のうちの明和騒動のコラムに下記の誤記があります。

 p66 左段 1行目 誤 1767(明和5)年  正 1768(明和5)年
 
同 右段 12行目 誤 1769825日  正 1770825

和暦で元原稿を書いていて、西暦メインに直したときにうっかりミスをしたまま、校正時にも見落としていたものです。本当にお恥ずかしい限りです。

受贈雑誌2017.4.20

また長く更新が滞りました。この間多くの図書・雑誌・抜き刷り等お贈りいただいておりますが、おいおいご紹介していければと思っております。本日は直近のものとして以下の雑誌をご紹介します。

『郷土新潟』57号2016.3.31 新潟郷土史研究会
 掲載論文執筆者の菅瀬亮司様より

ありがとうございました。新潟の歴史研究雑誌ですので以下に本号の掲載論文等一覧を紹介します。

 菅瀬亮司「近世新潟町廻船問屋津軽屋次郎左衛門家覚書」
 亀井功「幻の「良寛日記」と『北越雑記』誕生のなぞ -河間村長沼家と『越後輿地全図の関係-』」
 青柳正俊「なぜ新潟には外国人居留地がなかったか」
 藤塚明「信濃川堤防改築と鳥屋野地区(下)」
 神田勝郎「横越の焼山へ墜落したB-29(下) -少年が見た70年前の大事件-」
 石橋正夫「関屋神明宮に奉納された和歌額」
 鰐淵好輝「古代新潟の寺院」
 齋藤倫示「長谷川雪旦『北国一覧寫』越後路を旅して」
 伊藤雅一「伊藤家『諸日記帳』(四)」
 菅瀬亮司「西蒲区河村家文書の整理と目録作成」

越佐歴史資料調査会冬季調査のお知らせ

越佐歴史資料調査会では、2/25(土)〜26(日)の2日間、上越市頸城区において冬の史料調査合宿を行います。昨年から始まった、高田藩大肝煎家の膨大な史料群との格闘です。興味がある方は、ぜひ下記をご参照ください。

越佐歴史資料調査会:2017年冬、上越市頸城区手島布施家文書史料調査の実施について

越佐歴史資料調査会夏期調査のお知らせ

越佐歴史資料調査会では、8/20(土)〜22(月)の3日間、上越市頸城区において夏の史料調査合宿を行います。昨年から始まった、高田藩大肝煎家の膨大な史料群との格闘です。興味がある方は、ぜひ下記をご参照ください。

越佐歴史資料調査会:2016年夏、上越市頸城区手島布施家文書史料調査の実施について

拙稿の誤植について

先日紹介しました下記拙稿に誤植があることが判明しました。校正時の見おとしでお恥ずかしい限りです。お詫びして訂正いたします。

原 直史「文政期新潟・沼垂掛積争論からみる地域海運秩序」『資料学研究』13号、2016年3月

p4、10行目 ×「二十町ほどの」 → ○「十町ほどの」

『にいがた地域映像アーカイブ』ほか

新潟大学人文学部界隈で、前年度末に歴史あるいは地域研究に関して以下のような雑誌が刊行されましたので、ご紹介します。

『にいがた地域映像アーカイブ』No.6 新潟大学人文学部・地域映像アーカイブセンター発行 2016年3月
 石井正巳「『北越雪譜』から民俗写真へ」
 原田健一「湊町・新潟の原風景―芸妓から見た「にいがた」」
 舩城俊太郎「勝之助兄にゃと写真」
 伊藤 守「アーカイブを活用した映像研究と教育の可能性」
 原田健一「新潟大学地域映像アーカイブデータベースと新潟県立図書館の新聞データベースの統合へ向けて」

『佐渡・越後文化交流史研究』第16号 新潟大学大学院現代社会文化研究科・新潟大学人文学部麸プロジェクト佐渡・越後の文化交流史研究発行 2016年3月
 論文 
  芳井研一「戦後体制形成期の地域自治と財政危機―新潟県六日町の事例を通して―」
  荻美津夫「佐渡の神楽、能、そして舞楽」
 報告
  堀健彦・新潟大学人文学部地理学研究室「1964年新潟地震による佐渡両津における津波被害範囲について」
 資料紹介
  池田哲夫「本間雅彦『聴取り その他1955〜1965』より「芸能・職人関係」」

『資料学研究』第13号 新潟大学現代社会文化研究科プロジェクト「大域的文化システムの再構成に関する資料学的研究」発行 2016年3月
 論文
  原 直史「文政期新潟・沼垂掛積争論からみる地域海運秩序」
  矢田俊文・村岸 純「1703年元禄関東地震における九十九里地域の被害―死亡者数と津波到達点―」
  高橋秀樹「危機にある英雄たちの諸発言〜『イーリアス』第XI書にみる強制(強請)行為〜」
 資料紹介
  橋本博文「韓国併合を象徴すると推定される古布について」

『人文科学研究』第138輯 新潟大学人文学部発行 2016年3月
(以下は歴史・地域研究関係論文のみ紹介)
 松井克浩「柏崎市の広域避難者支援と「あまやどり」の5年間」
 齋藤瑞穂「東北「遠賀川系土器」再論」
 細田あや子「古代メソポタミアの神像の口洗い儀礼」
 北村順生「地域映像アーカイブの教育活用に関する事例研究―南魚沼市実践の報告から―」
 橋本博文「考古学からみた佐渡の交流」

『資料学研究』には拙稿も収載されています。よろしくご批判ください。

『災害・復興と資料』第7・8号の刊行

前年度の事業となりますが、『災害・復興と資料』の第7号・第8号が刊行されました。

災害・復興と資料』第7号 新潟大学災害・復興科学研究所被災者支援研究グループ発行 2016.3.18
内容
 高橋 満「瓦礫を資料に変換する―ふくしま震災遺産保全プロジェクトの活動―」
 日下和寿「白石市における文化財レスキューとその後」
 福嶋紀子「歴史の中の神城断層地震」
 川副早央里「震災アーカイブの社会的意義に関する考察―東日本大震災アーカイブ写真展の事例から―」
 水本有香「神戸大学関連震災資料の現状―20年を越えて―」
 筑波匡介「新潟県中越地震らおける震災遺構―中越メモリアル回廊 山古志木籠について―」
 田中洋史「長岡市災害復興文庫の構築と発信―新潟県中越大震災・東日本大震災の経験を越えて―」
 中村 元「戦災の記憶の継承と歴史資料―長岡空襲の事例に即して―」
 矢田俊文「一八五八年飛越地震の史料と家屋倒壊率―飛騨国を事例として―」

『災害・復興と資料』第8号 新潟大学災害・復興科学研究所被災者支援研究グループ発行 2016.3.18
内容
論文
 原 直史「文政11年越後三条地震からみる広域災害情報の集積」
 矢田俊文「中世阿波撫養地域と1596年地震」
 小野映介・日塔梨奈・片桐昭彦・矢田俊文「絵図に描かれた1858年飛越地震による山崩れと天然ダム」
 松岡祐也「文禄五年豊後地震による今津留村の被害と船着移転―中川家船奉行・柴山氏と今津留村について―」
 山岸洋一「糸魚川市内遺跡における地震痕跡と自然災害」
 齋藤瑞穂・齋藤友里恵・矢田俊文・坂上和弘・米田恭子・パレオ・ラボAMS年代測定グループ「新潟県見附市田井町福順寺試掘調査報告―文政11年(1828)三条地震実態復原のための考古学・歴史学的研究―」
 原田和彦「善光寺地震における幕府への被害報告 上田藩を中心に」
 村岸純・西山昭仁・石辺岳男・原田智也・佐竹健治「一八五五年安政江戸人における江戸近郊の被害」
研究ノート
 浅倉有子「駿州岩本村の宝永地震被害と復興」 

なお第8号には拙稿も収載されております。ご批判ください。

越佐近世史論文紹介6

諸々の事情で、本サイト自体の更新が長らく停止しておりました。自身の覚書とするためにも、今後少しずつ復活させたいと考えています。よろしくお願いします。

今回はまず下記論文を取りあげます。本論文の存在については、矢田俊文氏よりご教示いただきました。ありがとうございました。

  • 青山忠正/淺井良亮「新発田藩京都留守居寺田家と旧蔵文書」『歴史学部論集(佛教大学)』4、2014年3月

本論文は佛教大学図書館が所蔵する寺田家文書の概要を紹介し、その研究上の価値を考察したものです。寺田家は京都の呉服商(桔梗屋)ですが、宝暦年間頃から越後新発田藩の呉服御用等を勤めることで関係を深め、文化10年には寺田喜右衛門政求が新発田藩の「京都用聞」として召し抱えられることになりました。二代のちの寺田喜三郎政得は文久3年に新発田藩の「京都留守居役」となり明治維新を迎えます。寺田家文書は、こうした寺田家の家業と職務にかかわる文書群で、この新発田藩の用向きを勤めた文化年間から明治初年の時期の史料を中心として、全体でおよそ3000点であるとのことです。

本史料群は、論文でも言及されているとおり、大名の京都留守居をめぐる研究史が非常に乏しい中、その基本的なありかたを明らかにすることができる貴重な史料群として、おおいに活用が期待されるものだといえるでしょう。また、周知のようにこの時期の京都は数々の重要な政治的事件の現場であったのですが、論文によれば、例えば寺田の京都留守居としての公的な留帳の記載は、それらを網羅しているというより、時期によって精粗があるようです。こうした記録の残され方自体の問題も、興味深い検討課題でしょう。

なお論文では、戊辰戦争時の新発田藩が一貫して奥羽越列藩同盟側に立っていたと読めるような記述がありますが、これは私たちが理解している経緯とは異なるように思います。