カテゴリー別アーカイブ: 文献紹介等

『にいがた地域映像アーカイブ』ほか

新潟大学人文学部界隈で、前年度末に歴史あるいは地域研究に関して以下のような雑誌が刊行されましたので、ご紹介します。

『にいがた地域映像アーカイブ』No.6 新潟大学人文学部・地域映像アーカイブセンター発行 2016年3月
 石井正巳「『北越雪譜』から民俗写真へ」
 原田健一「湊町・新潟の原風景―芸妓から見た「にいがた」」
 舩城俊太郎「勝之助兄にゃと写真」
 伊藤 守「アーカイブを活用した映像研究と教育の可能性」
 原田健一「新潟大学地域映像アーカイブデータベースと新潟県立図書館の新聞データベースの統合へ向けて」

『佐渡・越後文化交流史研究』第16号 新潟大学大学院現代社会文化研究科・新潟大学人文学部麸プロジェクト佐渡・越後の文化交流史研究発行 2016年3月
 論文 
  芳井研一「戦後体制形成期の地域自治と財政危機―新潟県六日町の事例を通して―」
  荻美津夫「佐渡の神楽、能、そして舞楽」
 報告
  堀健彦・新潟大学人文学部地理学研究室「1964年新潟地震による佐渡両津における津波被害範囲について」
 資料紹介
  池田哲夫「本間雅彦『聴取り その他1955〜1965』より「芸能・職人関係」」

『資料学研究』第13号 新潟大学現代社会文化研究科プロジェクト「大域的文化システムの再構成に関する資料学的研究」発行 2016年3月
 論文
  原 直史「文政期新潟・沼垂掛積争論からみる地域海運秩序」
  矢田俊文・村岸 純「1703年元禄関東地震における九十九里地域の被害―死亡者数と津波到達点―」
  高橋秀樹「危機にある英雄たちの諸発言〜『イーリアス』第XI書にみる強制(強請)行為〜」
 資料紹介
  橋本博文「韓国併合を象徴すると推定される古布について」

『人文科学研究』第138輯 新潟大学人文学部発行 2016年3月
(以下は歴史・地域研究関係論文のみ紹介)
 松井克浩「柏崎市の広域避難者支援と「あまやどり」の5年間」
 齋藤瑞穂「東北「遠賀川系土器」再論」
 細田あや子「古代メソポタミアの神像の口洗い儀礼」
 北村順生「地域映像アーカイブの教育活用に関する事例研究―南魚沼市実践の報告から―」
 橋本博文「考古学からみた佐渡の交流」

『資料学研究』には拙稿も収載されています。よろしくご批判ください。

『災害・復興と資料』第7・8号の刊行

前年度の事業となりますが、『災害・復興と資料』の第7号・第8号が刊行されました。

災害・復興と資料』第7号 新潟大学災害・復興科学研究所被災者支援研究グループ発行 2016.3.18
内容
 高橋 満「瓦礫を資料に変換する―ふくしま震災遺産保全プロジェクトの活動―」
 日下和寿「白石市における文化財レスキューとその後」
 福嶋紀子「歴史の中の神城断層地震」
 川副早央里「震災アーカイブの社会的意義に関する考察―東日本大震災アーカイブ写真展の事例から―」
 水本有香「神戸大学関連震災資料の現状―20年を越えて―」
 筑波匡介「新潟県中越地震らおける震災遺構―中越メモリアル回廊 山古志木籠について―」
 田中洋史「長岡市災害復興文庫の構築と発信―新潟県中越大震災・東日本大震災の経験を越えて―」
 中村 元「戦災の記憶の継承と歴史資料―長岡空襲の事例に即して―」
 矢田俊文「一八五八年飛越地震の史料と家屋倒壊率―飛騨国を事例として―」

『災害・復興と資料』第8号 新潟大学災害・復興科学研究所被災者支援研究グループ発行 2016.3.18
内容
論文
 原 直史「文政11年越後三条地震からみる広域災害情報の集積」
 矢田俊文「中世阿波撫養地域と1596年地震」
 小野映介・日塔梨奈・片桐昭彦・矢田俊文「絵図に描かれた1858年飛越地震による山崩れと天然ダム」
 松岡祐也「文禄五年豊後地震による今津留村の被害と船着移転―中川家船奉行・柴山氏と今津留村について―」
 山岸洋一「糸魚川市内遺跡における地震痕跡と自然災害」
 齋藤瑞穂・齋藤友里恵・矢田俊文・坂上和弘・米田恭子・パレオ・ラボAMS年代測定グループ「新潟県見附市田井町福順寺試掘調査報告―文政11年(1828)三条地震実態復原のための考古学・歴史学的研究―」
 原田和彦「善光寺地震における幕府への被害報告 上田藩を中心に」
 村岸純・西山昭仁・石辺岳男・原田智也・佐竹健治「一八五五年安政江戸人における江戸近郊の被害」
研究ノート
 浅倉有子「駿州岩本村の宝永地震被害と復興」 

なお第8号には拙稿も収載されております。ご批判ください。

『近世の村落と地域史料保存』の刊行

以前もお知らせしていた山本幸俊さんの遺稿集が刊行されました。刊行会の呼びかけに応えてくださった皆様には、心から感謝申し上げます。是非多くの方に手にとっていただきたいと思います。

山本幸俊『近世の村落と地域史料保存』2014.4.15 高志書院 10000円+税____ 2014-04-25 19_20

目次
  第1部 近世の地域と村
貞享・元禄期の家族形態の変化と水呑の形成―筑波郡山口・小田西町を中心に―
近世初期の村落と「土豪」―常陸国新治郡金田村を中心に―
近世初期の論所と裁許―会津藩を中心に―
越後山間地帯における村落間争論―近世前期の変容―
中世末・近世初期の越後の村
上杉領国における「村」の形成―頸城郡京田村を中心に―
  第2部 地域史料の保存と研究
地域史料の保存と文書館―新潟県立文書館、史料所在調査の試み―
歴史研究者、一歩前へ
地方史研究と史料保存―越佐歴史資料調査会の活動―
平成の市町村合併と公文書等の保存―新潟県の事例を中心に―
学校統廃合と学校アーカイブズの保存― 新潟県の事例を中心に―
市民のなかの地域史研究

あとがき
山本幸俊著作目録

『環東アジア地域の歴史と「情報」』の刊行

私も参加している研究プロジェクトにおいて、下記論文集を刊行いたしました。ご一読いただければ幸いです。

關尾史郎編『環東アジア地域の歴史と「情報」』2014.3.31 知泉書館 6500円+税____ 2014-04-25 19_21

目次

第Ⅰ部 「家」の履歴
 關尾史郎「本貫の記憶と記録-敦煌張氏の場合」
 蓮田隆志「「華麗なる一族」のつくりかた―近世ベトナムにおける族的結合形成の一形態」

第Ⅱ部 情報―生成と伝播
 高橋秀樹「酒泉丁家閘5号墓天馬図の運足表現」
 荻美津夫「奈良時代における「先人の遺風」としての「風流」とその展開」

第Ⅲ部 情報―制度と現実
 佐藤貴保「西夏王国における交通制度の復原―公的旅行者の通行証・身分証の種類とその機能の分析を中心に」
 山内民博「屠牛と禁令―19世紀朝鮮における官令をめぐって」

第Ⅳ部 情報―収集と利用
 原直史「支配錯綜地域における地域的入用―新発田藩の万雑とその周辺」
 麓慎一「清国における海産物市場の形成と市場情報―明治20年の清国調査を中心に」
 広川佐保「近代ハルハ・モンゴルにおける土地制度の系譜とその展開」
 芳井研一「南進論と日独伊三国同盟―情報の調査と立案をめぐる再検討」

『佐渡・越後文化交流史研究』ほか

私のおります新潟大学人文学部界隈で、歴史学に関し以下のような雑誌が刊行されましたので紹介いたします。

『佐渡・越後文化交流史研究』第14号 新潟大学現代社会文化研究科・新潟大学人文学部プロジェクト「佐渡・越後の文化交流史研究」発行 2014.3
 池田哲夫「資料紹介『漁村採集手帳』」
 鈴木孝庸「『久知軍記』翻刻」

『資料学研究』第11号 現代社会文化研究科プロジェクト「大域的文化システムの再構成に関する資料学的研究」発行 2014.3.15
論文
 關尾史郎「トゥルファン出土墓誌の本貫記載をめぐって―「本貫の記憶と記録」拾遺―」
 矢田俊文「1703年元禄地震における相模国足柄郡・駿河国東郡御厨・伊豆国東岸地域の被害数」
 高橋秀樹「ヘクトルとアイアスの一騎打ちをめぐって~『イリアス』第Ⅶ書に見る強制(強請)行為~」
研究ノート
 蓮田隆志「ミエン集落磨崖碑と成立期のベトナム後期黎朝」

『人文科学研究』第134輯 新潟大学人文学部発行 2014.3.31
(以下は歴史関係論文のみ摘記)
 橋本博文・小林隆幸・奥田尚「新潟県内初発見の円筒埴輪―新潟市東区牡丹山諏訪神社採集の埴輪片をめぐって―」

『環日本海研究年報』第21号 新潟大学現代社会文化研究科環日本海研究室発行 2014.3
論文
 芳井研一「大陸打通作戰の意義」
 麓慎一「報効艦隊の創設について―北千島から日本海へ―」
 高慶元「日本の産業集積に関する一考察―関西の産業集積を中心に―」
研究ノート
 關尾史郎「集安所在、高句麗壁画墓の基礎的整理―『洞溝古墳群 1997年調査測絵報告』に関するメモ-」
 内田宏美「中国漢代紀年銘漆器出土一覧」
 李香丹「韓国の環境法制度の歴史的展開と問題点―環境政策基本法を中心に―」
 横田数弘「船員輩出地としての新潟県―戦後各年の国勢調査報告による特徴点の把握―」

『災害・復興と資料』第3・4号の刊行

またしばらく更新が途絶えてしまいました。この間いただいた図書雑誌等もありましたが、ご紹介できずにおり申し訳ありません。今後整理がつき次第掲載していきたいと思います。

さて、昨年度末の3月のことではありますが、『災害・復興と資料』の第3号と第4号が刊行されました。

『災害・復興と資料』第3号 新潟大学災害・復興科学研究所危機管理・災害復興分野発行 2014.3.15
内容
 板垣貴志「阪神・淡路大震災関連資料の利活用に向けて―災害資料研究領域の開拓―」
 吉野高光「東日本大震災に係る避難所関係資料の保全について―双葉町役場埼玉支所及び旧騎西高校避難所の作業から-」
 田中洋史・田中祐子「新潟県長岡市における東日本大震災避難所史料の整理と研究―長岡ロングライフセンター福祉避難所を中心に-」
 大平聡「地域史資料としての学校資料」
 松本洋幸「横浜の関東大震災と小学校―応急対応と学校資料について―」
 田中大輔「宮城県農業高等学校資料の価値と保存―山形ネットの資料救済活動を通じて―」

『災害・復興と資料』第4号 新潟大学災害・復興科学研究所危機管理・災害復興分野発行 2014.3.25
内容
論文
 原直史「宝永地震における大坂市中の被害情報について」
 近藤浩二「変所分間絵図に見る常願寺川大洪水―安政飛越地震における二次災害被害の実相解明へ向けて―」
 片桐昭彦・小野映介「1858年飛越地震における飛騨国小鳥川筋被災地域の復旧」
 松岡祐也「明和日向灘地震にみる複合災害の被害規模」
 村岸純「1703年元禄関東地震の被災地域に生じた生活環境の変化」
 西山昭仁「1707年宝永地震における大坂での地震・津波被害への対応」
 西尾和美「宝永四年地震の中の家族とその史料―阿波「野村家記録」・土佐「柏井氏難行録」の場合―」
 原田和彦「善光寺地震における松代藩の幕府への被害報告について」
 矢田俊文「一八三三年庄内沖地震における越後の津波到達点と水死者数」
研究ノート
 吉田律人「新潟地震と災害復興計画の策定―新潟県公文書及び鮫島茂文書を中心に―」 

なお第4号には拙稿も収載されておりますが、すでに下記の誤植を発見しております。校正時の見落としにてお恥ずかしい次第ですが、ここに訂正をいたします。
 p5下から8行目 ×大坂→○大阪
 p8注(19) ×付表の30→○付表の29

新潟史学第69号刊行

新潟史学第69号が刊行されました。目次は以下のとおりです。

■追悼
 橋本博文「甘粕健先生を偲びつつ昨今の発掘調査報告書収蔵問題を考える」

■論文
 上田浩介「守護在京解体の画期と幕府求心力についての一考察」
 高橋秀樹「死に向かうヘクトルをめぐる人々〜『イリアス』第VI書に見る強制(強請)行為〜」

■動向
 片桐昭彦「シンポジウム「新潟県中越地震から東日本大震災へ―被災歴史資料の保全・活用の新しい方法をさぐる―」参加記」

■書評・新刊紹介
 森田真一「池上裕子著『日本中近世移行期論』」
 蓮田隆志「P.C.ブラウン著『共有地を耕す:近世日本における耕地の共同所有』」
 内田宏美「新潟大学人文社会・教育科学系附置環東アジア研究センター編『環東アジア地域における社会的結合と災害』『近世・近代越後佐渡災害史資料』」
 岩本篤志「白須淨眞編『大谷光瑞と国際政治社会―チベット・探検隊・辛亥革命―』」

■記事
 例会活動の記録
 新潟史学会会則・役員名簿

以上です。

なお、本号の会告で、新潟史学会第63回研究大会・総会を、本年11月3日(日)に行うことがアナウンスされました。同時にその場での研究報告の募集も行われています。

『近世社会史論叢』の刊行

さる4月に刊行された『東京大学日本史学研究室紀要別冊 近世社会史論叢』を、先日送付していただきました。これは2012年に東京大学を定年退職された吉田伸之先生の学恩を受けた元ゼミ生たちが執筆した記念論集で、私もささやかなものですが越後の近世史に関する論文を寄稿しています。掲載論文一覧は下記の通りです。

Ⅰ 都市と地域社会

  • 岩淵令治「江戸の消防体制と火事場見廻り」
  • 神田由築「近世「芝居町」の社会=空間構造」
  • 後藤雅知「御林と入会秣野―岩槻藩房総分領の御林を事例として」
  • 小林紀子「開港場周辺村々における生麦事件の影響―文久三年、武蔵国都筑郡王禅寺村を事例として」
  • 杉森玲子「近世高野山の山内と珠数屋仲間」
  • 竹ノ内雅人「近世都市上水道をめぐる諸関係―信州飯田町を事例に」
  • 戸森麻衣子「近世前中期幕領陣屋元村の社会構造―陸奥国白川郡塙村を素材として」
  • 牧原成征「かわた村と地域社会―武州下和名と下吉見領」
  • 森下徹「近世後期における萩の町人社会」
  • 横山百合子「芸娼妓解放令と遊女―新吉原「かしく一件」史料の紹介をかねて」

Ⅱ 商人と流通

  • 多和田雅保「小布施市の手前物をめぐって」
  • 永原健彦「江戸の玉子」
  • 原直史「近世越後平野の舟運について―「下条船」経営史料の基礎的考察」
  • 彭浩「長崎唐館の社会構造」
  • 松方冬子「「契約貿易」序説―一八世紀の日蘭本方貿易」
  • 村和明「三井の御所為替御用について」
  • 若山太良「三橋会所を巡る三井越後屋の行動とその背景」

Ⅲ 身分と身分的周縁

  • 荒木裕行「近世後期の御用頼―天保改革期の御用頼取締を中心に」
  • 上田純子「近世後期の武士を考える―萩藩寄組「浦靭負日記」の検討から」
  • 海原亮「江戸の眼病療治―福岡藩医田原養卜「眼目療治帳」を素材として」
  • 小野将「佐藤信淵と神道方吉川家―幕府寺社奉行書「公事吟味留」所収一件史料の再検討」
  • 木村直樹「近世初期上方の政治情報と豊永賢斎」
  • 佐藤雄介「口向役人不正事件と勘定所」
  • 志村洋「村共同体における勧進宗教者―信州諏訪地方を事例に」
  • 武部愛子「寛永寺貸付金をめぐる一考察―幕末期弘前藩上野料物金返済滞一件を事例として」
  • 千葉拓真「近世大名家の養子相続に関する一考察―加賀前田家の養子選定問題と勝興寺」
  • 朴澤直秀「無檀・無本寺寺院の廃寺に関する法令について」
  • 三ツ松誠「「幽界物語」の波紋」

なおお恥ずかしいことですが、本論集に収録された拙稿について、校正時の見落としが数箇所ありました。訂正箇所は以下のとおりとなります。
 p200 下段 23行 ×「ては」→◯「では」
 p201 下段 21行 ×「一一七文」→「二一七文」
 p201 下段 25行 ×「三三三文」→「二貫三三三文」
 p221 上段 22行 ×「登り荷」→◯「上り荷」