カテゴリー別アーカイブ: 新潟史学会

新潟史学会第65回研究大会・総会の案内

新潟史学会第65回研究大会・総会が下記の通り開催されますのでご案内いたします。

【日 時】 2015年11月8日(日) 13:00~
【会 場】 新潟大学五十嵐キャンパス・総合教育研究棟1階大会議室(新潟市西区五十嵐2の町8050)
【参加費】 1総会資料代 会員300円,非会員500円
         2懇親会 3,000円程度(但し,飲酒されない会員・学生会員は1,000円)
【日 程】
  12:30      受付開始
  13:00~13:05   開会の挨拶

  13:05~13:35   研究報告1
      佐藤 萌理氏(新潟大学大学院生)
      「地域芸能における担い手の実践―三条神楽を事例に」
  13:35~14:05   研究報告2
      山田 祐紀氏(新潟大学大学院生)
      「割地慣行の持続性とその意義―近代的土地所有との接合をめぐって―」
  14:05~14:35   研究報告3
      中村 元氏(新潟大学人文学部准教授)
      「戦後新潟県における戦争の記憶と記録」
  14:35~15:05   研究報告4
      原 直氏(新潟大学人文学部教授)
      「早稲田大学図書館所蔵近世新潟関係料と文政期新潟町・沼垂町掛積争論」

  15:05~15:20  休  憩
  15:20~15:50  総  会
    2015年度事業報告・決算報告・監査報告,役員の改選,2016年度事業案・予算案,その他
  15:50~16:00  休  憩
  16:00~17:30  記念講演
      池田 哲夫氏 (新潟大学人文学部教授)
      「朱鷺の民俗誌―朱鷺・人・自然―」
  17:30~17:40  閉会の挨拶・事務連絡
  18:00     懇親会

事務局から
・大会当日,新年度の会費(一般会員3,000円,学生会員2,000円)の納入をお願い致します。
・今年度以前の会費についても,未納の方は納入くださいますよう,お願い申しあげます。

問い合わせ先:
新潟学会事務局 中村 元・齋藤瑞穂
   TEL & FAX  025(262)6289・6830
Mail: nakamura.moto■human.niigata-u.ac.jp
Mail:msaito■human.niigta-u.ac.jp(迷惑メール防止のため@を■にかえていますので、@に戻して入力してください)

2013.11.3新潟史学会大会案内

下記の通り新潟史学会大会・総会が開催されます

第63回研究大会・総会
日 時 2013年11月3日(日) 13:00から
会 場 新潟大学五十嵐キャンパス・総合教育研究棟1階大会議室(新潟市西区五十嵐2の町8050)参加費 1総会資料代 会員300円,非会員500円
    2懇親会 3,000円程度(但し,飲酒されない会員・学生会員は1,000円)
日 程
12:30      受付開始
13:00ー13:10   開会の挨拶
13:10ー13:40   研究報告1 伊藤 聖登氏 (新潟大学大学院生)
               古代国家のエミシ支配
13:40ー14:10   研究報告2 園田 清人氏 (新潟大学大学院生)
               水利組合設置問題から見る地域社会
14:10ー14:40   研究報告3 阿部 奈津美氏 (新潟大学大学院生)
               盆のタナオガミ習俗にみる地域の共同性
14:40ー14:50  休憩

14:50ー15:20  総会
 2012年度事業報告・決算報告・監査報告,役員の改選,2013年度事業案・予算案,その他
15:20ー15:30  休憩

15:30ー16:30  記念講演 荻 美津夫氏 (新潟大学人文学部教授)
     七世紀における唐楽伝来の可能性を考える

16:30~17:30  記念講演 松本 彰氏 (新潟大学人文学部教授)
     戦没者記念の比較史ードイツ、アメリカ、 ロシア、日本: 1813ー2013,そして2014 ー

17:30ー17:40  閉会の挨拶・事務連絡
18:00―20:00  懇親会

問い合わせ先:
新潟史学会事務局 中林隆之・阿部昭典
   TEL FAX 025(262)6444・6830
Mail:nakabayashi■human.niigata-u.ac.jp
Mail:abe.aki■human.niigta-u.ac.jp
(SPAM対策のため@を■にしています)

2013.9.5新潟史学会例会案内

新潟大学に集中講義でいらっしゃる朴澤直秀氏を迎えて、新潟史学会例会を開催いたします。朴澤氏は近世仏教史、とくに寺檀制度など寺院をめぐる社会関係について精力的に研究をしてこられ、新潟県内の事例をとりあげた業績もお持ちです。今回は朴澤氏の業績をどのように受けとめるかについての報告をうけ、ご本人にコメントを頂きます。多数のご参加をお待ちします。

日時 2013年9月5日(木)18時~19時30分
会場 新潟大学総合教育研究棟A棟3F 学際交流室
報告 「朴澤直秀氏の業績をどう読むか(仮)」
    原直史(新潟大学)・高橋拓也(新潟大学大学院生)
参考 朴澤直秀『幕藩権力と寺檀制度』(吉川弘文館、2004)

・生協書籍部側の玄関からお入り下さい。また、会場へは2Fまたは4Fの奥の階段からお出で下さい。

・事前の連絡は不要です。ただし遅れて来られる方は、18時を過ぎると玄関が閉まっている可能性がありますので、事前にご連絡ください。

・終了後、大学周辺もしくは内野駅近くで朴澤氏を囲んで懇親会を開催します。参加される方は、8月28日(水)までにご連絡ください。

上記いずれもご連絡は当サイトのメールフォームよりお願いします。

新潟史学第69号刊行

新潟史学第69号が刊行されました。目次は以下のとおりです。

■追悼
 橋本博文「甘粕健先生を偲びつつ昨今の発掘調査報告書収蔵問題を考える」

■論文
 上田浩介「守護在京解体の画期と幕府求心力についての一考察」
 高橋秀樹「死に向かうヘクトルをめぐる人々〜『イリアス』第VI書に見る強制(強請)行為〜」

■動向
 片桐昭彦「シンポジウム「新潟県中越地震から東日本大震災へ―被災歴史資料の保全・活用の新しい方法をさぐる―」参加記」

■書評・新刊紹介
 森田真一「池上裕子著『日本中近世移行期論』」
 蓮田隆志「P.C.ブラウン著『共有地を耕す:近世日本における耕地の共同所有』」
 内田宏美「新潟大学人文社会・教育科学系附置環東アジア研究センター編『環東アジア地域における社会的結合と災害』『近世・近代越後佐渡災害史資料』」
 岩本篤志「白須淨眞編『大谷光瑞と国際政治社会―チベット・探検隊・辛亥革命―』」

■記事
 例会活動の記録
 新潟史学会会則・役員名簿

以上です。

なお、本号の会告で、新潟史学会第63回研究大会・総会を、本年11月3日(日)に行うことがアナウンスされました。同時にその場での研究報告の募集も行われています。