受贈抜刷類2018.11.15

この秋いただいた論文抜刷類を下記にご紹介します。

清水香「擦文・アイヌ文化期の出土木製品における移入品について」『北海道考古学』第51輯、2015.3
清水香「大聖寺藩上屋敷跡 廃棄土坑SK3から出土した17世紀の木製品」『東京大学埋蔵文化財調査室発掘調査報告書13 東京大学本郷構内の遺跡 医学部附属病院入院棟A地点 研究編』、2016.12
清水香「江戸遺跡から出土した緑色系漆椀の基礎研究」『東京大学構内遺跡調査研究年報10 紀要編 東京大学埋蔵文化財調査室研究紀要10』、2017.8
清水香「漆椀の総合的研究の実践―地域研究としての挑戦―」『江戸遺跡研究』第5号、2018.3

清水香さんはこの8月に新潟大学人文学部に助教として赴任されました。専門は近世考古学、とりわけアイヌにもたらされたものを含む塗物類をターゲットにしており、文献による近世流通史の立場からも大変に勉強になります。今後とも勉強させていただきたいと思っています。

朴澤直秀「新地建立禁令をめぐって」『佛教史學研究』第60巻第1号、2017.11

10月に行われた「近世史の会」の席上朴澤氏よりいただきました。新寺・新地建立の禁止といわれている幕府政策の現実の展開を論じたものです。

小関悠一郞「【講演録】佐倉藩政改革とその思想―佐倉藩士向藤左衛門と上杉鷹山の改革―」『佐倉市史研究』第28号、2015.3
小関悠一郞「江戸時代の政治と武士の学び」『歴史評論』813号、2018.1
小関悠一郞「地域史料保存利用と資料ネット―千葉歴史・自然資料ネットワークの活動を通して―」『日本歴史学協会年報』第33号、2018

おなじ「近世史の会」の席上小関氏よりいただきました。なおこの日の会の報告は、『日本歴史』最新号(846号)の「江戸時代の「富国強兵」論と「民利」の思想」の内容に関わるものでした。気鋭の政治思想史研究者としての氏の視線が、資料ネットなどで地域の歴史と向き合う眼差しとも無縁ではないことがうかがえるのではないでしょうか。

みなさま、ありがとうございました。