岩田愛加「近世後期多摩地域の材木流通構造と筏宿」

『日本史研究』674 号(2018.10)に掲載された表記論文の抜刷を、筆者の岩田さんからご恵与いただきました。ありがとうございました。

この論文は多摩川上流部で生産される木材の流通に携わる、産地荷主としての筏師、河口部に展開する筏宿、川辺組を中心とする材木問屋の三者の関係とその変遷について、丁寧に追っていったものです。とりわけ羽田猟師町・八幡塚村に展開する筏宿が流通に携わる中で存在感を増していく様子や、必ずしも問屋前貸金に束縛されずに主体性を獲得していく筏師の動向などが興味深く、引き寄せられるように読みました。

手前味噌で恐縮ですが、いわゆる問屋支配が崩壊していく中での金融のあり方や、価格形成機能の掌握の重要性など、不肖私が数少ない研究業績の中でそれなりに主張してきた論点を、岩田さんは丁寧に受け止めて、これをさらに高めていただいていることが、とりわけ感慨深く、私も老け込んでいる訳にはいかないと、気持ちを新たにした次第です。

岩田さん本人は、生産地多摩地域における筏師等も含んだ村落社会に今後の研究を展開させていくようですが、流通史研究の面からも無視できない論考になっていると思います。

 

これまでいろいろな方からいろいろなご著書・論文をご恵贈いただいておりますが、当サイトでのご紹介が散発的にしか出来ていませんでした。ごく最近の岩田さんのものを手始めに、できる限りさかのぼっていきたいと思います。

ありがとうございました。