『災害・復興と資料』第10号、『佐渡・越後文化交流史研究』第18号の刊行

年度末に刊行された下記のふたつの雑誌に、拙稿が掲載されましたので紹介いたします。

『災害・復興と資料』第10号、2018.3.28 新潟大学災害・復興科学研究所社会安全システム研究部門

 片桐明彦「明応関東地震と年代記―『鎌倉大日記』と勝山記』―」
 原 直史「新潟町における天保4年庄内沖地震津波の被害と情報」
 堀 健彦・小野映介「1833年庄内沖地震による輪島の津波被害の地域的差異と微地形」
 齋藤瑞穂・山岸洋一・竹之内耕・パレオ・ラボANS年代測定グループ「長野県北安曇郡小谷村北小谷下寺試掘調査報告―正徳4年(1714)信濃小谷地震の考古学的研究―」
 小野映介・佐藤善輝「1498年明応東海地震による安濃津の被災状況の解明に向けた基礎的地質資料」
 西尾和美「文禄五年閏七月地震とその被害」
 矢田俊文「史料から見た一七一〇伯耆・美作地震と一七一一伯耆・美作地震」
 原田和彦「新潟市新津図書館の善光寺地震史料について」

『佐渡・越後文化交流史研究』第18号、2018.3 新潟大学大学院現代社会文化研究科・新潟大学人文学部プロジェクト佐渡・越後の文化交流史研究

 芳井研一「八海自由大学と地域文化水脈」
 中澤資裕「郷土芸能「うしろ面」の系譜と由緒」
 堀 健彦「新潟町の変遷の語りを読み解く―東北大学附属図書館所蔵『越後国往古絵図』に注目して」
 横木 剛・原 直史「史料紹介 東京大学史料編纂所架蔵『鈴木文書』について」

前者は新潟市新津図書館所蔵の小泉蒼軒関係資料中の絵図を分析した成果、後者は博士後期課程在籍中の横木氏とともに新潟町の廻船問屋小川屋鈴木家の文書を読み解いた成果です。