拙稿の誤植について

先日紹介しました下記拙稿に誤植があることが判明しました。校正時の見おとしでお恥ずかしい限りです。お詫びして訂正いたします。

原 直史「文政期新潟・沼垂掛積争論からみる地域海運秩序」『資料学研究』13号、2016年3月

p4、10行目 ×「二十町ほどの」 → ○「十町ほどの」