『災害・復興と資料』第7・8号の刊行

前年度の事業となりますが、『災害・復興と資料』の第7号・第8号が刊行されました。

災害・復興と資料』第7号 新潟大学災害・復興科学研究所被災者支援研究グループ発行 2016.3.18
内容
 高橋 満「瓦礫を資料に変換する―ふくしま震災遺産保全プロジェクトの活動―」
 日下和寿「白石市における文化財レスキューとその後」
 福嶋紀子「歴史の中の神城断層地震」
 川副早央里「震災アーカイブの社会的意義に関する考察―東日本大震災アーカイブ写真展の事例から―」
 水本有香「神戸大学関連震災資料の現状―20年を越えて―」
 筑波匡介「新潟県中越地震らおける震災遺構―中越メモリアル回廊 山古志木籠について―」
 田中洋史「長岡市災害復興文庫の構築と発信―新潟県中越大震災・東日本大震災の経験を越えて―」
 中村 元「戦災の記憶の継承と歴史資料―長岡空襲の事例に即して―」
 矢田俊文「一八五八年飛越地震の史料と家屋倒壊率―飛騨国を事例として―」

『災害・復興と資料』第8号 新潟大学災害・復興科学研究所被災者支援研究グループ発行 2016.3.18
内容
論文
 原 直史「文政11年越後三条地震からみる広域災害情報の集積」
 矢田俊文「中世阿波撫養地域と1596年地震」
 小野映介・日塔梨奈・片桐昭彦・矢田俊文「絵図に描かれた1858年飛越地震による山崩れと天然ダム」
 松岡祐也「文禄五年豊後地震による今津留村の被害と船着移転―中川家船奉行・柴山氏と今津留村について―」
 山岸洋一「糸魚川市内遺跡における地震痕跡と自然災害」
 齋藤瑞穂・齋藤友里恵・矢田俊文・坂上和弘・米田恭子・パレオ・ラボAMS年代測定グループ「新潟県見附市田井町福順寺試掘調査報告―文政11年(1828)三条地震実態復原のための考古学・歴史学的研究―」
 原田和彦「善光寺地震における幕府への被害報告 上田藩を中心に」
 村岸純・西山昭仁・石辺岳男・原田智也・佐竹健治「一八五五年安政江戸人における江戸近郊の被害」
研究ノート
 浅倉有子「駿州岩本村の宝永地震被害と復興」 

なお第8号には拙稿も収載されております。ご批判ください。