越佐近世史論文紹介6

諸々の事情で、本サイト自体の更新が長らく停止しておりました。自身の覚書とするためにも、今後少しずつ復活させたいと考えています。よろしくお願いします。

今回はまず下記論文を取りあげます。本論文の存在については、矢田俊文氏よりご教示いただきました。ありがとうございました。

  • 青山忠正/淺井良亮「新発田藩京都留守居寺田家と旧蔵文書」『歴史学部論集(佛教大学)』4、2014年3月

本論文は佛教大学図書館が所蔵する寺田家文書の概要を紹介し、その研究上の価値を考察したものです。寺田家は京都の呉服商(桔梗屋)ですが、宝暦年間頃から越後新発田藩の呉服御用等を勤めることで関係を深め、文化10年には寺田喜右衛門政求が新発田藩の「京都用聞」として召し抱えられることになりました。二代のちの寺田喜三郎政得は文久3年に新発田藩の「京都留守居役」となり明治維新を迎えます。寺田家文書は、こうした寺田家の家業と職務にかかわる文書群で、この新発田藩の用向きを勤めた文化年間から明治初年の時期の史料を中心として、全体でおよそ3000点であるとのことです。

本史料群は、論文でも言及されているとおり、大名の京都留守居をめぐる研究史が非常に乏しい中、その基本的なありかたを明らかにすることができる貴重な史料群として、おおいに活用が期待されるものだといえるでしょう。また、周知のようにこの時期の京都は数々の重要な政治的事件の現場であったのですが、論文によれば、例えば寺田の京都留守居としての公的な留帳の記載は、それらを網羅しているというより、時期によって精粗があるようです。こうした記録の残され方自体の問題も、興味深い検討課題でしょう。

なお論文では、戊辰戦争時の新発田藩が一貫して奥羽越列藩同盟側に立っていたと読めるような記述がありますが、これは私たちが理解している経緯とは異なるように思います。