『近世の村落と地域史料保存』の刊行

以前もお知らせしていた山本幸俊さんの遺稿集が刊行されました。刊行会の呼びかけに応えてくださった皆様には、心から感謝申し上げます。是非多くの方に手にとっていただきたいと思います。

山本幸俊『近世の村落と地域史料保存』2014.4.15 高志書院 10000円+税____ 2014-04-25 19_20

目次
  第1部 近世の地域と村
貞享・元禄期の家族形態の変化と水呑の形成―筑波郡山口・小田西町を中心に―
近世初期の村落と「土豪」―常陸国新治郡金田村を中心に―
近世初期の論所と裁許―会津藩を中心に―
越後山間地帯における村落間争論―近世前期の変容―
中世末・近世初期の越後の村
上杉領国における「村」の形成―頸城郡京田村を中心に―
  第2部 地域史料の保存と研究
地域史料の保存と文書館―新潟県立文書館、史料所在調査の試み―
歴史研究者、一歩前へ
地方史研究と史料保存―越佐歴史資料調査会の活動―
平成の市町村合併と公文書等の保存―新潟県の事例を中心に―
学校統廃合と学校アーカイブズの保存― 新潟県の事例を中心に―
市民のなかの地域史研究

あとがき
山本幸俊著作目録