『災害・復興と資料』第3・4号の刊行

またしばらく更新が途絶えてしまいました。この間いただいた図書雑誌等もありましたが、ご紹介できずにおり申し訳ありません。今後整理がつき次第掲載していきたいと思います。

さて、昨年度末の3月のことではありますが、『災害・復興と資料』の第3号と第4号が刊行されました。

『災害・復興と資料』第3号 新潟大学災害・復興科学研究所危機管理・災害復興分野発行 2014.3.15
内容
 板垣貴志「阪神・淡路大震災関連資料の利活用に向けて―災害資料研究領域の開拓―」
 吉野高光「東日本大震災に係る避難所関係資料の保全について―双葉町役場埼玉支所及び旧騎西高校避難所の作業から-」
 田中洋史・田中祐子「新潟県長岡市における東日本大震災避難所史料の整理と研究―長岡ロングライフセンター福祉避難所を中心に-」
 大平聡「地域史資料としての学校資料」
 松本洋幸「横浜の関東大震災と小学校―応急対応と学校資料について―」
 田中大輔「宮城県農業高等学校資料の価値と保存―山形ネットの資料救済活動を通じて―」

『災害・復興と資料』第4号 新潟大学災害・復興科学研究所危機管理・災害復興分野発行 2014.3.25
内容
論文
 原直史「宝永地震における大坂市中の被害情報について」
 近藤浩二「変所分間絵図に見る常願寺川大洪水―安政飛越地震における二次災害被害の実相解明へ向けて―」
 片桐昭彦・小野映介「1858年飛越地震における飛騨国小鳥川筋被災地域の復旧」
 松岡祐也「明和日向灘地震にみる複合災害の被害規模」
 村岸純「1703年元禄関東地震の被災地域に生じた生活環境の変化」
 西山昭仁「1707年宝永地震における大坂での地震・津波被害への対応」
 西尾和美「宝永四年地震の中の家族とその史料―阿波「野村家記録」・土佐「柏井氏難行録」の場合―」
 原田和彦「善光寺地震における松代藩の幕府への被害報告について」
 矢田俊文「一八三三年庄内沖地震における越後の津波到達点と水死者数」
研究ノート
 吉田律人「新潟地震と災害復興計画の策定―新潟県公文書及び鮫島茂文書を中心に―」 

なお第4号には拙稿も収載されておりますが、すでに下記の誤植を発見しております。校正時の見落としにてお恥ずかしい次第ですが、ここに訂正をいたします。
 p5下から8行目 ×大坂→○大阪
 p8注(19) ×付表の30→○付表の29