月別アーカイブ: 2013年5月

第1回「近世史の会」に参加して来ました

去る5月6日(月)、立教大学で開催された第1回「近世史の会」に参加して来ました。報告タイトルは下記の通り。いずれも大変に力のこもったもので、いろいろな意味でおおいに勉強になりました。

小堀槙子「草梁倭館における日朝の相克―朝鮮人打擲事件を中心として」
久留島浩「森下徹『武士という身分―城下町萩の大名家臣団―』を読んで」
町田哲「地域史研究からみた近世の山村」

なお、次回は9月7日(土)に東京で開催される予定です