寄贈雑誌類20190402

昨年度の成果が次々と刊行される時期、あらためて皆様のお仕事に頭が下がります。

『新潟大学考古学研究室調査研究報告』19(新潟大学人文学部、2019.3)
『長期化する原発避難について考えるー新潟県への広域避難の事例を中心にー 2018年度社会調査実習報告書』(新潟大学人文学部社会学研究室、2019.3)

また、昨日の投稿で以下の抜刷をいただいていたことを紹介し忘れていました。3/21の矢田俊文先生の最終講義でお目にかかったときにいただきました。この地震はなかなか論点が多く、奥が深いです。

松岡祐也「文禄五年の地震による瀬戸内海周辺の状況」(『国史談話会雑誌』第59号、2018)

ありがとうございました。

カテゴリー: 受贈 パーマリンク